当別町に氷のホテルが出現!

 

専門学校札幌デザイナー学院で講師を務める澁谷俊彦先生が、

石狩市当別町に期間限定で建てられる氷のホテル『ICE HILLS HOTEL in TOBESTU 2016』(アイスヒルズホテルin当別)のデザインを手がけました!

 

 

澁谷先生は、今年で3年連続、『ICE HILLS HOTEL in  TOBESTU』のインテリアデザインを手がけています。今回は、壁面と床に色とりどりの氷のオブジェ(澁谷先生の作品としてはアイスパレット3)を埋め込み、光の反射で室内がカラフルに演出されるというもので、その名も「キャンディールーム」と名付けられています。

 

『ICE HILLS HOTEL in  TOBESTU 2016』は、1/15(金)OPEN!!

氷のバーでは温かな食事や飲み物もあったり、きらめく氷でつくられた滞在体験施設棟が並び、その周りには氷や雪とふれあえるフィールドが広がります。ぜひご家族やご友人とお楽しみください。

公式サイト:http://www.icehillshotel.com/

 

幻想的なホテルの室内「キャンディールーム」

 

CROSS HOTEL SAPPORO が発行するフリーペーパー「CROSS_met」に今回の『ICE HILLS HOTEL in  TOBESTU 2016』の紹介がされており、澁谷先生が大きな似顔絵イラストで紹介されています。

オープンキャンパス

楽しい体験実習をはじめ、2年間の授業内容・入学方法・学費・就職・学生作品など本校のことをくわしくご紹介します。先生・在校生がしっかりサポートしますので、初めての方も安心して参加できます。