澁谷学校長の冬のランドアート『Snow Pallet13』今年は札幌パークホテルとの共同開催

Snow Palletは今回でシリーズ13となり10年目のシーズン

本学園の澁谷学校長の冬のランドアート『Snow Pallet』の季節が近づいてまいりました。

Snow Palletは今年でシリーズ13となり10年目のシーズンを迎え、『Snow Pallet13』は札幌パークホテルとの共同開催となります。

太陽光と積雪量によって景⾊を変えていく雪国ならではの鮮やかな⾊彩アートを是非、ご鑑賞ください。

【開催概要】

展覧会名 『Snow Pallet 13』澁⾕俊彦 雪のインスタレーション展
開催期間 2020年12⽉1⽇(⽕) 〜 2021年3⽉下旬・雪解けの頃まで
開催場所 札幌パークホテル 中庭
時間 早朝〜夜間照明ライトアップ21:30 まで
⼊場 無料
※中庭への⼊場はできません。ホテル館内からご鑑賞ください。
※館内状況により、⼀部エリアにて⼊場を制限させていただく場合がございます。

 

【Snow Pallet Project について/澁⾕俊彦】
北国の地域特性を活かした新しいアートの在り⽅は、冬の⼤地との強い結びつきにあると考えます。私のランドアートは環境と融合し、⾃然と相対するのではなく寄り添うように共⽣することを⽬指しているのです。冬のランドアート「Snow Pallet」は年間降雪量約6mにも達する190 万都市札幌を中⼼に展開されている「冬の記憶」のためのサイトスペシフィックアートです。

 

また、北海道芸術学会にて新たに始動した北海道アートフォーラムweb版にもスノーパレットの活動報告が発表されておりますのでこちらも併せてご覧ください。

北海道アートフォーラムweb版
http://hokkaido-art-society.net/newartforum/2020/08/31/post-172/

 

昨年開催された『Snow Pallet12』の模様

 

 

資料請求

学校の案内をはじめ、学科・専攻の紹介、授業の内容、卒業生の活躍、就職のことなど、内容がぎっしり詰まった入学案内パンフレットになっています。
もっと札幌デザイナー学院のことを知りたいという方はしたのボタンから資料請求をお申込みください。